データ入力の副業は稼げる?データ入力について解説

今回は、データ入力の副業について詳しく解説していきます。

まず、データ入力とはどんな仕事なのかという事についてです。
データ入力は、以下のような仕事です。

・名刺の入力
・紙の情報をデータ化
・お客様や会社の情報を入力

他にもありますが、要は、名前の通り「データの入力」ですね。
一見すると、誰でもできそうに見えますが、意外と高い集中力が必要で、やってみると大変だと思うかもしれません。
ですが、他のネット副業と比較して「思考」の必要がありません。
なので、やればやるほど、時間をかければかけるほど稼げます。
思考する必要のある副業が多いネットビジネスの中で、その点は大きなメリットだと思いますね。

では、データ入力で必要なスキルと必要な物について解説します。
必要な物とスキルは以下のようなものです。

・ブラインドタッチ
・パソコン
・集中力

まず、必要なスキルで筆頭に上がるのは「ブラインドタッチ」です。
そこまで早くなくてもいいですが、キーボードを見ずに、画面に必要な文字を入力出来れば良いです。
もちろん、早ければ早いほど良いですが。

次に、「スマホでは出来ないの?」という疑問を抱いた方もいると思います。
スマホでも出来ますが、ほぼほぼパソコンが必須だと思います。
というのは、入力スピードがやはりパソコンの方が圧倒的に早いからですね。

そして、集中力です。データ入力は、ミスが許されません。
それでも何度かミスをしてしまうとは思いますが、長時間データ入力をしていると集中力が切れてきて、ミスをしやすいです。
なので、データ入力をする場合は高い集中力を持つか、あるいは適宜休憩を挟むなどをして集中力を保つ必要があります。

次に、「データ入力でいくらくらい稼げるか?」という事について解説します。
データ入力で稼げる目安は月数万円ほどだと思います。
「在宅でやる場合」と「企業に属してやる場合」がありますが、今回は「在宅でネットを使ってやる場合」に絞って書きますね。
だいたい文字単価0.1円~1円が相場です。
ですが、もっと低い案件も結構ありますね。

データ入力での案件の取り方は、在宅の場合は「クラウドソーシング」でほぼ一択だと思います。
クラウドソーシングでデータ入力の案件を探して受注するだけです。
データ入力の場合、ライティングスキル等は不要なで、ネット副業の初心者の方でも安心して取り組めると思います。

今回は、「データ入力」について解説しました。
参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。